借金で困っているのですがどのような方法があるのですか?

長引く不況などで,借金でお困りの方が増えております。

借金の整理の方法については,以下の方法があります。

なお,借金の整理に関する弁護士費用は

こちらをご参照ください→弁護士費用

当事務所では,借金問題については費用の分割支払いが可能です。

借金の整理については,お客様の置かれている状況に応じて

細やかな対応が必要です。ぜひ地元の弁護士にご相談ください。

弁護士は法律上守秘義務を負っていますから,秘密は厳守されます。

任意整理

個人再生

自己破産 

 方針の選択に際しては,生活状況を詳しくお聞きし,あなたのご希望と可能な方法を調整させていただきます。

 方針の選択は,あなたのご希望に加え,ご収入の状況や財産の状況によって変化します。

 初回相談時にお尋ねください。   

任意整理

 弁護士がサラ金やクレジット会社と交渉して,返済額をあなたの支払える額に変更する手続きです。

 あなたの生活状況を詳しくお尋ねし,可能な額を弁護士が算定します。

 なお,ある程度長期間サラ金やクレジット会社と継続的な取引のある方は払いすぎた利息が戻ってくることもあります(過払い金)。

 過払い金を取り戻した上で,取り戻したお金を返済にあてれば,さらに月々の返済額を減らすことができます。

 裁判所が関与しませんので,自動車や自宅といった財産を残しながら解決するなど柔軟な対応が可能です。

 月々の支払いが必要ですので,安定した継続的な収入のある方や,身内の継続的な援助が期待できる方向きです。

 

個人再生

 裁判所の関与によって,債務を強制的に減額し,減額後の債務を3年から5年かけて返済する手続きです。

 500万円までの借金であれば,最大総額100万円まで減額することが可能です(あなたの財産や収入により変動します。)。

 住宅ローンを支払いながらの再生も可能です(住宅ローンの内容により,適用されない可能性があります。)。

 裁判所の関与がありますので,あなたに継続的かつある程度の確実性のある収入が必要です。財産があると返済総額が増加することもありますので,他の手続きとのメリットデメリットを考えて手続きを選択します。

 一般的に,ご自身で手続きを行うことは難しく,弁護士の法的判断が必要となります。初回相談時にお尋ねください 。

 

自己破産

 自己破産というと,人生が終わってしまうようなイメージを持たれている方もいらっしゃると思いますが,自己破産は,借金をすべて0にして,人生の再スタートを切るための制度です。

 自己破産をしても,一般的な家財道具などは差し押さえを受けませんし,戸籍にも搭載されません。

 借金の状況や収入の状況によっては,自己破産をすることで安定した生活を取り戻すことが最適であるという場合もあります。

 弁護士に相談することで,破産する中でも,あなたの生活再建に向けて手元に残す財産を選択するなど,さまざまな方法をとることができます。