相続で親族の意見がまとまりません。どうしたらよいですか?

 相続の争いは,それまでの兄弟同士,親戚同士の感情の対立からともすれば複雑になり長期化しがちです。

 本来,親戚同士の争いは,身内で話し合い円満に解決することが今後の親戚関係やそれをとりまく人間関係にとってベストであることはいうまでもありません。

 しかしながら,感情的な対立があると,ご自身のご意向だけでは前に進まず,遺産分割の協議が頓挫し,中には放置されてしまう遺産分割もあります。

 遺産分割は,今のご相談者様の世代で解決できない場合は,ご相談者様のお子様の世代に受け継がれ,事情を知らないお子様がかえって深刻な問題に巻き込まれることも少なくありません。

 弁護士にご相談いただければ,ご相談者様の置かれた状況をふまえ,よりよい手続をお示しした上で。相続人の範囲を確定する,相続財産の範囲を確定する,兄弟・親戚同士の貢献を評価するという作業を法に従い行っていき,場合によっては裁判所の判断を仰ぎつつ,解決の道をつけていくことが可能です。

 相続財産の概要をお示しいただければ,ご依頼のお見積もりは無料ですので,是非一度ご相談下さい。