弁護士笈川正典の経歴等(秋田市山王)

(経歴) 

秋田県横手市生まれ

平成19年3月  秋田県立横手高等学校 卒業

平成24年3月  早稲田大学法学部 卒業

平成26年3月  早稲田大学大学院法務研究科 修了

平成27年9月  司法試験 合格

平成28年12月 司法修習(修習地:秋田) 修了

         松本総合法律事務所に入所

 

(自己紹介)

 平成28年12月から当事務所に入所することになりました、笈川正典(おいかわまさのり)と申します。

 高校時代まで横手で過ごしておりましたが、司法修習の配属先が秋田に決まったことから、今年の1月から秋田市で暮らすことになりました。

 そして、当事務所にご縁がありまして、秋田で弁護士としての第一歩を踏み出すこととなりました。

 一つ一つの案件にじっくり時間をかけながら、お客様にとってのベストな解決方法を模索していきます。

 自分では大した問題ではないと思っていても、今後の対応いかんによって大きな紛争となることかもしれません。些細なことだと思って高を括らず、まずはお気軽にご相談ください。

 また、私は、弁護士という職業を選択しましたのが、秋田の経済活性化のために、弁護士という職業の枠にとらわれずに積極的に活動していこうと考えております。

 最後になりますが、秋田の皆様の信頼を得られるように日々精進してまいる所存であります。宜しくお願い申し上げます。 

(趣味)

野球

 小学4年から高校3年まで、ずっと野球をしておりました。ポジションは外野です。高校時代、秋季大会で準優勝して東北大会に出場できたことが良い思い出です。弁護士になってからも市内の社会人チームに所属しながら草野球を続けていきたいと思っております。

アカペラ

 大学時代はアカペラサークルに所属しておりました。パートはセカンドコーラスが多かったです。現在、秋田市で一緒にアカペラをできる仲間を探しています。好きな歌手は久保田利伸です。

トップページへ戻る